24節気(節分の後の立春)

ここでは、24節気(節分の後の立春) に関する記事を紹介しています。
沖縄売れ筋土産/特産品

琉球酒豪伝説-21週楽天キング1位の人気のサプリメントです。 琉球酒豪伝説
「ちゅら玉」ストラップ(うみんちゅの心)-琉球ガラスと浮き玉をモチーフ。 ちゅら玉ストラップ
琉球ガラス(クリアハーフスタンブラー)-沖縄の青い海のような透き通るブルー。 琉球ガラス(クリアハーフスタンブラー)
紅芋菓子詰め合わせセット-沖縄県内でも、常に人気を誇るお菓子です。 紅芋菓子詰め合わせセット
琉球もろみ酢(900ml)ペットボトル入-美容、ダイエット、健康の強い味方!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 2月3日(金)は節分です。翌日は立春になります。ウィキぺディア辞典によると「節分(せつぶん)とは、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。特に、立春の前日(2月3日ごろ)のことを指す場合が多い。以下、立春の前日の節分について述べる。 節分とは「季節を分ける」ことをも意味している。」のだそうです。

節分行事は宮中での年中行事だったそうですが、近代からは節分当時の夕暮れに柊(ひいらぎ)の枝に鰯(いわし)の頭を刺したものを戸口に立てたり、豆撒きをするようになったという事です。季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられておりそれを追い払う為この時期に行われるようになったようです。

 炒った大豆を自分の数え年の分だけ食べる習慣が有る様です。豆を撒く事は鬼に豆をぶつける事により、邪気を追い払い一年の無病息災を願うという意味合いを持っています。

 節分の翌日、2月4日は24節気の一つの立春は暦の上では春の始まりとなっています。尚、立春以降初めて吹く南よりの強風を「春一番」と呼ぶそうです。

 面白い事は「福は内、鬼は外」が定番なのですが、京都の大原神社では「鬼は内、福は外」、奈良の蔵王寺は「福は内、鬼も内」岐阜の鬼岩福鬼祭りでは「鬼は内」と声を投げかけるという物です。(以上、情報源はウィキぺディア辞典より)

 皆様の家庭では無病息災を願って豆撒きしますか?

    FC2 Blog Ranking人気blogランキング

スポンサーサイト



トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okinawamatsuri.blog47.fc2.com/tb.php/8-d2f9855c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Google

 | さとりんこ走る!沖縄の祭りと沖縄の年間行事ブログトップへ | 
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング