久々の更新、今日は慰霊の日

ここでは、久々の更新、今日は慰霊の日 に関する記事を紹介しています。
沖縄売れ筋土産/特産品

琉球酒豪伝説-21週楽天キング1位の人気のサプリメントです。 琉球酒豪伝説
「ちゅら玉」ストラップ(うみんちゅの心)-琉球ガラスと浮き玉をモチーフ。 ちゅら玉ストラップ
琉球ガラス(クリアハーフスタンブラー)-沖縄の青い海のような透き通るブルー。 琉球ガラス(クリアハーフスタンブラー)
紅芋菓子詰め合わせセット-沖縄県内でも、常に人気を誇るお菓子です。 紅芋菓子詰め合わせセット
琉球もろみ酢(900ml)ペットボトル入-美容、ダイエット、健康の強い味方!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



さとりんこ、久々の更新です。毎日遊びに来て頂いていた方、大変申し訳ありません。ごめんなしゃい。いろいろ忙しくて(もぐもぐ)。忙しくても、更新しなさい!本日は、沖縄にとって特別の日であります。公立学校はお休みです。そうです。6月23日、慰霊の日であります。

慰霊の日とは、去る戦争で犠牲となった20万人世の冥福を祈り
非戦の誓い、平和の祈りを胸に刻む日であります。

ここ沖縄では、平和の祈りが捧げられますです。
激戦地、そして沖縄戦最後の地であった糸満市の摩文任では
全戦没者追悼式が行われます。年老いた遺族が失った家族を
偲びますです。多くの県内外からの参加者が
戦争で亡くなった方々を偲びます。

当時沖縄県民の4人に1人は戦争の犠牲者だったということで
その家族のぶんだけ、悲しみがあります。

1945年6月23日に沖縄戦終結となっておりますが
実際は、その後も沖縄各地では、たくさんの犠牲がありました。

多くの方々の悲しみと犠牲の上に成り立った平和でございます。
激戦を乗り越えて生き残った私達の祖父母、父母のお陰で
私達は、この地に生を受けることができました。

本日正午の時報を合図に、ここ沖縄では
すべてのみ霊に黙祷を捧げます。

沖縄タイムスに掲載されております沖縄県知事の「知事メッセージ」と
追悼式のプログラムを掲載致します。

FC2 ブログランキング人気ブログランキング
 
 全戦没者のみ霊に、謹んで哀悼の誠をささげる。
本県は去る大戦で二十万人余の尊い生命、財産、文化遺産を
失った。歳月が流れても、戦争で受けた傷跡は今もって
いやされることはない。

 沖縄戦終結から六十一年。戦争の悲惨さと幾多の犠牲が
あったことを心に刻み、その教訓を次の世代に語り継ぎ、平和を
希求する心を育てるとともに、戦争の惨禍が再び起こらないよう、
世界の恒久平和の確立に努めることが私たちの重大な責務であり、
犠牲となったみ霊の御遺志にかなうものと確信する。

 県民にはともに戦没者を追悼し、平和を誓う日としていただきたい。

    沖縄県知事 稲嶺恵一

(2006年(平成18年)6月23日(金)沖縄タイムス、社会30面より)

■全戦没者追悼式

11:50‐開会
11:56‐式辞
12:00‐黙祷
12:01‐追悼の詩、言葉
12:06‐献花
12:20‐平和宣言
12:23‐平和の詩朗読
12:27‐来賓あいさつ、電報購読
12:50‐閉会   
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
今年も暑い日だったようですね。
正午に、沖縄に向かい手を合わせました。

23日以後がまた悲惨だったんですよね。

23日で全てが終わっていてくれたならば、
まだどんなにか、ましなことだったでしょうか。
2006/06/24(土) 13:08 | URL | Makani #2X/gtUyw[ 編集]
手を合わせてくれて
ありがとうございます。

戦争の悲しみは、いつまでたっても
終わることはないのです。

だから、二度と戦争を
起こさない、参加しないと
いうふうになってほしいです。

戦争を体験した人たちは
どんどん年をとり
語る人も少なくなり
あと、何年かすれば
去る大戦の戦争体験者は
いなくなりますね。

Makani様の祈りは
御霊に届いたことと
思います。

沖縄の空と海は
悲しみなどなかったかのように
どこまでも青いです。
2006/06/24(土) 21:34 | URL | さとりんこ #3/VKSDZ2[ 編集]
23日は、慰霊の日行事に行くかどうか毎年考えます。
本当は「参加」して、私たちが知りようの無い思いを教えて欲しい。
しかし、子供を連れて「見物」に留まる事必死。そんな親子の姿を快く思わない人は多いと思います。

毎年私にとっては「平和について考える日」。県全体を挙げて平和を祈る沖縄。
子供に「平和ってなに?」「戦争ってなに?」って聞かれた時、
私は答えることができるだろうか。。。
2006/06/25(日) 10:12 | URL | おうじまま #j0ooOopE[ 編集]
おうじまま様

慰霊の日、行事に参加しなくても
いいんじゃないかな。
自分なりの慰霊の日を過ごせば。

平和の祈りというのは、沖縄に
とって形式ではないのです。
沖縄には、人それぞれの戦争の
悲しみがあるのです。

簡単にいえば、仏壇や、その近くに
若い軍服を着た青年の遺影が
飾ってあったり。
ある意味、毎日戦争の悲しみに
触れてるようなものです。

お盆、お正月、あるいは事ある毎に
その無くなった身内や先祖に
祈るのです。

形式ばって思ったり考えたりでは
ないのです。慰霊の日は、平和の
いしじに刻まれた名前を確認し
無くなった身内に会いにいくような
ものです。毎日行けないし
せめて、慰霊の日ぐらいは。

15で無くなった私の叔父も
平和のいしじに名前が刻まれています。

おばあちゃんの家に行くと
幼い顔の軍服姿のおじがあどけなく
写真に写っています。

小さい時は、おじさん、ありがとうね。皆を守ってよ。って
祈ってたのに、おじさんは
いつまでも、あどけなく
私は、おじさんの年もとうに
超えて、それでも
おばあちゃんの所に行くときは
おじさん、また来たよ~!
って祈ります。

何で、命を落とさなければ
ならなかったのかね~。って
戦争の悲しみは、4人に1人が
亡くなった沖縄ではいつも
身近なのです。
だから、沖縄から、二度と
悲しみを作ってほしくない
それは、アメリカ人でも。
若いアメリカの青年も
戦で命を落としてほしくないのです。
2006/06/25(日) 21:45 | URL | さとりんこ #3/VKSDZ2[ 編集]
ナナv-25色付きの文字
2007/06/13(水) 15:00 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okinawamatsuri.blog47.fc2.com/tb.php/114-dbf58785
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Google

 | さとりんこ走る!沖縄の祭りと沖縄の年間行事ブログトップへ | 
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング